抜け毛の原因

抜け毛の原因

抜け毛の原因はたくさんありますが、その中でも生活習慣が悪いことによって起こる場合が多いです。
特に食生活の乱れによってくることが多く、肉類や油ものばかり食べていると薄毛や抜け毛の原因となります。

 

髪を成長させるためには良質のたんぱく質やミネラルやビタミンが必要となります。
髪の毛はたんぱく質で出来ており、それの成長をサポートするのがミネラルやビタミンとなり、亜鉛等が不足すると髪の毛が細くなると言われています。

 

肉類や油ものばかり食べていると脂質の分泌が増加して、毛根を塞いでしまったり、血液から栄養を運ぶのですがそれが上手く行かなくなったりして髪の毛の成長を阻害してしまいます。

 

一方で血行を良くしたら毛母細胞が活性化するので髪の毛の発育に良いと思ってアルコールは大丈夫と思いがちですが、過度なアルコールの摂取は肝臓に負担を掛けてしまい、本来髪の毛に行くはずの栄養が行かなくなってしまう恐れがあります。

 

抜け毛の原因は食生活が中心とした生活習慣の乱れによって起こることが多いので、一から食事内容を見直してみるのも良いでしょう。
必要な栄養をしっかりとって規則正しい生活をすれば抜け毛の原因を改善させることができ、髪の毛の発育をサポートすることができます。

関連ページ

抜け毛に効くサプリメント
抜け毛が多くなってきたと思ったら、サプリメントで対策を始めて見るのが良いでしょう。抜け毛に効果的なのは、ビタミンやミネラル、亜鉛を多く摂取できるサプリメントです。また、髪の毛の成分でもあるタンパク質やアミノ酸も、抜け毛には効果的な栄養素と言えます。
抜け毛を予防する食事
抜け毛を予防する食事としては、お米やパンやうどんなどの小麦を使用したもの、イモ類などを適度に摂取する事です。さらに血流を良くするものとして、納豆やひじきなどの海藻類なども候補になります。つまり、従来の日本食が最も抜け毛予防に対して効果のある食事ではないかと思われます。