つむじハゲの判断基準

つむじハゲの判断基準

つむじハゲの場合、抜け毛が増えてしまい、少しずつ薄毛になっていくことがあります。このような場合では、自分で鏡などで定期的にチェックしておかないと、なかなか気づきにくく、気がついた時には薄毛になっていたということもありえます。

 

また、前頭部の生え際などから薄毛になるM字ハゲの場合には、比較的早く気づくこともありますが、つむじハゲの場合には、鏡でも頭頂部はチェックしにくいため、気づくのが遅れることが多いといわれています。

 

つむじハゲの基準としては、頭頂部に触れてみて、通常時よりも髪の毛のボリュームがなくぺったりとした感触だったり、つむじの部分が大きく広がってきている場合には、つむじハゲの可能性があります。

 

つむじハゲ対策をするならば、紫外線対策からはじめましょう。つむじや髪の毛の分かれ目などは、地肌がみえているため、日差しの強い日などは、直接紫外線を浴びてしまうことでしょう。

 

紫外線は、肌に長時間浴びてしまうと、ダメージとなりシワやシミなどになる原因ともいえるでしょう。頭皮に関しても紫外線によりダメージを受けてしまうと、抜け毛増加の原因になるため、できるだけ紫外線対策をして、紫外線を直接浴びないようにすることも大切です。

 

季節の変わり目、秋の時期に入ると抜け毛が増加しやすいといわれるのは、夏の時期に強い紫外線を浴びてしまい、また暑さによる疲労などが秋の涼しい時期に入ったときに一気にでてしまうこともあり、これが、抜け毛増加につながるといわれています。

 

また、そのほかにも、つむじハゲの進行を食い止めるためには、生活習慣の改善などをしていくといいでしょう。
規則正しい生活習慣を身につけ、適度に運動をすることも抜け毛対策になります。健康的な生活をしていくことが、基本的に抜け毛対策につながっていくでしょう。

 

また、食生活なども偏食などをすることは控え、栄養バランスのとれた食生活をしていけるように、つむじハゲを改善していくことで対策を怠らないようにしましょう。